粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証

粗食は長寿、がん・心疾患・糖尿抑制…サルで実証

カロリー摂取量が大いに減少したとき、それははっきりさせられました。年をとるのに従った癌や、精神病や、糖尿病患者などの病気の病気の外観は赤毛猿を使用した20年の追跡調査によって抑圧されました。

霊長類によって立証されたエフェクトのそのような持つのは、1番目です。 米国ウィスコンシン大学などのチームは10番目と日付を入れられた米国科学雑誌科学に知らせました。
チームは、1989年に30頭の7大人から14歳の赤毛猿(27歳繁殖での平均寿命)を使用することによって、研究し始めます。 46は94で加えられました。 それは二手に分かれます、そして、カロリー摂取量の1つは30%減少します、そして、血圧、心電図、およびホルモン量などは測定されます。 死因は解剖学で詳細に死んだ場合調べられました。
5は見られた兆候の糖尿病患者が開発されましたが、カロリーを制限しなかったグループがそれを制限したグループで見られないで、診断されたということです。11 蓄えとして。 癌と精神病の病気の外観は50%も減少しました。 そのうえ、年をとるのに(縮まりました)脳が縮まったのが知られていましたが、動きとメモリなどが統治されたそれを制限したグループの部分の収縮は少しでした。
「カロリー制限は長寿と高齢者の承認機能メンテナンスのために役に立つ可能性を示すものにまさしくその関心ことであることがある」という2白沢テーブル順天堂大学教授(老化制御薬)の話。 ”

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


映画『余命1ヶ月の花嫁』、がん研究支援に約1,500万円寄付 »
« がん臨床研究推進事業で63件の研修・発表会を開催へ