「余命1ヶ月の花嫁」、がん研究に寄付

「余命1ヶ月の花嫁」、がん研究に寄付

TBSテレビなどの3つの会社が収益の一部を寄付しました、そして、本や映画などの約1500万円は「人生の残りの1つの月の花嫁」という文書のプログラムに10日での癌の研究をサポートした基礎に関連しました。
財団。癌。研究してください。振興財団。貢献してください。乳癌。死んでください。長島。病気と戦ってください。記録してください。残り、人の人生について。花嫁。in relation to文書。映画。扱います。テレビ。出版を予約してください。担当します。マガジンハウス。面白い。担当します。講談社。

貢献は、3をまとめて、長島さんが約1500万円で入院していた国立がんセンターなどの処理、癌の研究、およびさまざまな医療サイトにおける専門家の昇進に使用されます。
TBSテレビはプログラムを放送することをきっかけに乳癌の早期発見を啓発するピンクのリボン活動を始めます。 様々な形の情報送出は完了しています。 (10日の11:06)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


情報プラザ:女性のための公開医学講演会「乳がんと検診」 /大阪 »
« iPS胃から作れば…腫瘍化ゼロ