iPS胃から作れば…腫瘍化ゼロ

iPS胃から作れば…腫瘍化ゼロ

山中教授などのマウス実験
腫瘍化の危険が抑圧されるのが理解されます。セルを大いに選択します。変えられた新しい万能細胞(iPS細胞)マウスからの材料は京都大学を実験して、慶応義塾大学は様々な内臓のセルを実験します。 iPS細胞は、腫瘍化で危険であり、臨床応用の問題でした。 それは、10日に科学雑誌自然バイオテクノロジー電子版に知らせます。
山中いいえ**慶応義塾大学のオカノと教授がiPS細胞を4つのセルでする、京都大学、およびeikoreの教授、(マウスの胎児のものが皮をむく、皮膚、肝臓、および胃、アダルトである、) それぞれが神経でそれになったセルにさえ変わりました、そして、それは別のマウスの脳にそれを移植しました。
16週間が経過した後に腫瘍が9週間とそれの中でできた46がゆったり過ごす8が、死んで、定植されたという結果として、胃から作られたセルは、成熟した皮膚から作られたセルを移植した55の中の腫瘍が上手ではありませんでした。 胎児の皮膚と肝臓から作られたセルの中では、腫瘍化は約30パーセントでした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「余命1ヶ月の花嫁」、がん研究に寄付 »
« 第4部 「笑顔を求めて」 (1)支え合うがん患者「スマイルサロン米子」