第4部 「笑顔を求めて」 (1)支え合うがん患者「スマイルサロン米子」

第4部 「笑顔を求めて」 (1)支え合うがん患者「スマイルサロン米子」

気持ちは、それが話すかどうかを変えます。会うことができたganninattakarakoso縁は、評価されます。 癌患者は毎週木曜日の午後の米子の「客間米子を微笑んで示してください」というヘルス・センター(米子市の車のテール4丁目)と経験が話される病気に対する戦いで集まります。 お茶を飲む世間話は医療知識が最近、DVDで圧倒的に学習されますが、より豊富であるように思えます。 「ここに、家族大気があります。 また、気持ちは、それが大きな声で話すかどうかを変えます。 」。だれかがそのように言ったとき、皆は、首を縦に振りました。 – また、米子市のmichiwaraでは、(64)が八千代Onnda=の町と4丁目、等しい微笑の理由は、5年前に客間仲介役の乳癌を作動させます。 しかしながら、それは蹴られます。あっけらかんと言って、「引退記念のため、癌にかかっています」… 病気の周りのコイルをあるようにする危険な話題が、冗談を言った、話、お互い。 「不安なしで話すために、それはそれを覚えておきます。 初心者の話はそれをできるだけ聞きます。 」それは解決されます、そして、考慮は無視されません。
2007年1月に、客間ができるために、それはあります。 それは県の鳥取のNo.1でした。 Onndaがスポンサーシップの後任となったのは、今春です。 それは設立を導いたMichiko井上が、今年の3月の47歳のときに死んだからです。
井上は、乳癌として患者の全国組織「夜明けの協会」鳥取支店の代表に勤めて、啓発活動に努力します。 それは客間の頼もしいカウンセラーでした。
5月に米子都市で開催されたピンクのリボンフェスティバルでは、’08、 実行議長としてそれを管理しました’。 癌は既に肝臓と肺に転移しました。 入退院は繰り返されましたが、驚異的な回復は見せられました。 100 (47)=米子市の4丁目が追い詰めるtanitsuyoshiは町=に入ります: 夫に関して。 「それはyaritaikoであり、gamejiroを押すのに年続きます。 それはインター高校競争に参加した娘に関して補助しに行きました。 」それは振り向きます。 – フェスティバル、井上のメモリアルが追い詰められる年のこのもののときにInを生きる意味はインストールされました。 客間によって使用された自らにピンクの色をエプロンと作成の絵、メッセージなどを植えてください。 また、客間関係者はキャラクタを我慢しました。
「心から約100の谷について話します、それを言って」「お互いである、多くですが、それを支持したと言った人、それらがそうであった、」 井上の抑制された印象はハンディキャップがある人の活動で会った高校時代に強かったです。 「勇気はいつ付きましたか?」それは多くのミーティングからそれを得る経験が攻撃とボランティア活動を通して大きかったと実際に感じられます。
それは人生実際にそれの後のだけ表面が病気である医学のexpenseMost患者の賃金の不安ななどです。 客間の意味は、アドバイスが、経験する人によって受けられるということです。
また、Onndaが通知のため「死」を考えざるを得なかったことが認められます。 しかしながら、癌の「敷居」は確実に下ろされました。 「まだ準備されていた時間があります。 善良さが私を考えている場合生きることができるところにあります。 」それはそれを強調しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


iPS胃から作れば…腫瘍化ゼロ »
« 男子ゴルフ:妻と実母が乳がんに ミケルソン