老化・がん予防に…「金時ニンジン」が効く 京都府など京野菜分析

老化・がん予防に…「金時ニンジン」が効く 京都府など京野菜分析

首都野菜の「Kintokiにんじん」が研究からの京都府農業などの年をとるのと癌、林学と漁業の技術的なセンター、および農林センターを引き起こす活性酸素を吸収して、捜す働き(「反-酸化」効果)で素晴らしいのが理解されます。 「反-酸化」効果がホウレンソウですが、高い野菜として知られていて、(ORAC値)がおよそ二度達する活性酸素の吸収能力の値であり、約4回がたまねぎをそうすると言われています。 首都野菜などの機能性の分析は昨年、京都府立大学と提携して執行されました。 Kintokiにんじんの葉が調べられたとき、高いORAC値は確認されました。
研究のシリーズ、なす、トウガラシ、およびmizunaでは、これまで80種類の野菜に関して分析されたなどを言います、そして、約10種類の野菜から高い吸収力を示しているデータを得ます。 京都府は、「高い「反-酸化」効果に伴う新しい種類の研究開発を進めて、PRにつながりたがっています、そして、野菜がこの研究に基礎づけた資本に関するユーティリティを強化する販売力は、将来、結果として生じます。」と仮定します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


前の投稿へ »
« ミケルソン、母も乳がん…欠場は長期に