「がんワクチン療法」研究 国委託事業に決定 久留米大など産学官連携 九州唯一

「がんワクチン療法」研究 国委託事業に決定 久留米大など産学官連携 九州唯一

各癌患者にとって、最も良いワクチンに核を処方した久留米大学(久留米市)のそれが作った「縁の医療開発が群生する久留米高度」産学複合体**ビジネスの「癌のペプチド(タンパク質)ワクチン療法」は、文部科学省の委託取引になるように選ばれました。 1年あたり約3億円の委託費用を本年度から5年提供します。 4は全国を通じて、そして、単に九州に採用されます。 県と久留米市は7日に発表しました。
それは、久留米大学と、九州大学と、県と、このビジネスに参加する県の企業ですなど。 国際的開発が外国と共に人材交流で強くなることなどのビジネスと実用研究*大学の技術者などを招待するコースの才能販売促進ビジネス*の技術開発と肺癌、肝臓癌、および膀胱癌に関する有効な癌のペプチドワクチン治療の製薬の企業は開発されています。
「4番目の癌の治療法」で患者への負担が大いに軽く、初めてで注意を向けられる技術が、国家であることは、久留米と同じくらい大きく癌のペプチドワクチン治療に取り組みます。 癌細胞の異なった依存の表面に存在するペプチドは、患者と癌の種類の上で特定されます。 それは患者の免疫機能を最も活性化するペプチドを選んで、注入することによって免疫細胞に癌細胞を認識して、30種類のペプチドからそれを攻撃して、それが化学を統合する治療法です。
県庁でインタビューに出席した久留米市のMamoru江藤国の市長は文部省、文化、Sports、Science、およびTechnologyの委託取引採用を受けます。 「大きい勢いは私たちのプロジェクトに付きます。 将来世界から扱うようになる都市になるなら、素晴らしいです。 」そして、解決した、期待は置かれました。
== 2009/07/08のdukinishinihonshinbun朝刊について

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


勝野洋長女七奈美さん29歳が肺がんで死亡 »
« PET検診県内初導入 佐賀市の福岡病院 がん早期発見に有効