PET検診県内初導入 佐賀市の福岡病院 がん早期発見に有効

PET検診県内初導入 佐賀市の福岡病院 がん早期発見に有効

市の開成佐賀の福岡病院は、県の中で初めてがんの早期発見のための有効な陽電子断層エックス線撮影装置(PET)を紹介して、秒に診察で操業を開始しました。
PET診察は、キャラクタの癌細胞が大いに取る最善の利用をブドウ糖にする診察方法です。 ブドウ糖などのような薬はボディーの内部に注がれます、そして、それは特殊カメラで写真を撮ります。 あるときまでに全身を調べることができます、そして、時間が必要です: 約2時間。 この病院はコンピューター断層撮影(CT)をペットに結合した「ペットのCT」装置を紹介しました。
式典が1日でこの病院、および誠福岡イギリス理事長であります。他は記念式典です。 福岡理事長「佐賀県では、癌死亡率が全国を通じていつも高いランクです。 癌で死ぬ人は、単独で減少できます。 」そして、解決した、野心は説明されました。
超音波検査などが健康保険のアプリケーションの外におけるPET診察に結合された基本的なコースは8万6655円です。 診察時間は午前9時ですか?4人か5人が、午後5時30分にそれを使用できます。
この病院のPET-CT診察センター=0120(893)890。
== 2009/07/08のdukinishinihonshinbun朝刊について

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がんワクチン療法」研究 国委託事業に決定 久留米大など産学官連携 九州唯一 »
« エーザイ、小児急性骨髄性白血病に対する「ダコジェン」の臨床試験を開始へ