中電元社員の中皮腫死亡、会社側に3000万円支払い命令

中電元社員の中皮腫死亡、会社側に3000万円支払い命令

中部電力の従業員の夫が中皮腫のため退職した後に、火力発電所(アスベスト)のアスベストは原因でした、そして、3がその領域でShigeko富士わら(70)を家族から奪ったので、慰謝料合計における6000万円が要求されるという訴訟の決定が死における7日の名古屋地方裁判所であり、名古屋市の緑地の他のものが、同社が相手であるとみなしたように思えました。
説明する**議長、「それは1955年代にアスベストで深刻な健康被害を受けるために見通すのにおいて可能でしたが、同社は呼吸用保護具などのように役に立つ指示の安全性考察義務をしない」で、命令されて、同社への3000万円の支払いはmaruchimiがtanihisashiであると判断します。富士。わら。夫。新名。古い。名古屋。市。港区。買い物をしてください。火力発電所。扱ってください。会社。入ってください。 , そして、99ですが、67 2006年9月歳のときに死んで、陳情に従って断熱材と断熱材として使用されても、それで退職したとき、アスベストが定期点検で調査して、2005年の胸膜の悪性の中皮腫と診断されて、労災補償代償評価を受け取ったとき、Itはタービン室などにおけるアスベスト粉塵で呼吸しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


エーザイ、小児急性骨髄性白血病に対する「ダコジェン」の臨床試験を開始へ »
« UPDATE1: 武田、がん治療薬「CBP501」の第2相試験開始