中部電力石綿訴訟:会社側に3千万円支払い命令

中部電力石綿訴訟:会社側に3千万円支払い命令

Kenjiフジワラ、(67歳、その時)、9月に胸膜の悪性の中皮腫で死んで、それが電気技術者として中部電力(中国電力)で働いていた名古屋市の緑地地域では、’06、 それがアスベスト(アスベスト)が中電社に測定するからである思われました’; Ltd.は不十分です、そして、3人の遺族が中国電力から6000万円の損害賠償を要求したという訴訟の決定は7日の名古屋地方裁判所でした。 **司会は、マルチミtanihisashiが、中国電力が3000万円の安全性考察義務であり、注文されるのに関する支払いに違反することを認めたと判断します。
アスベストと病気の中皮腫外観の因果関係を認めた後に、決定は、「さん/さんを作る同じ年の6月に、中国電力(アスベスト損害)には予見性がありました。」と認めました。 「1960年4月にじん肺法が火力発電所、および安全配慮義務の試運転で制定された以降魅力的なフジワラは負われていました」。中国電力の安全配慮義務。
遺族の側と中国電力の主張が闘争する、どれ、中国電力の病気の中皮腫外観の予見性を引き起こしたために。 47年の労働基準法が制定されて、引き起こされた健康被害を防ぐ義務のユーザの賦課がほこりを払うということであることの「あなたがどんな病気を具体的に引き起こすかが理解されなくても、疑問が安全で労働者の健康に引き起こされるのは、ポイントである」として予見性があった遺族側が強要されます。 中国電力は、「見通されて、その中皮腫が1985の前のアスベスト粉塵で発症したということであることでできるのが、使用の流れであるときに、アスベスト製品の禁止が強くなったということであるということではありませんでした。」と仮定しませんでした。 【**shiをshikimamoします】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


骨肉腫と闘う:/1 抗がん剤の副作用で心体乱れる=社会部・佐々木雅彦 /大阪 »
« 皮腫死亡で中部電力に3千万円支払い命令