【子宮頸癌予防ワクチン】舛添厚労相が優先承認を示唆‐保険適用も

【子宮頸癌予防ワクチン】舛添厚労相が優先承認を示唆‐保険適用も

4つのグループ(白いリボンのミーティング、テュロス、プロジェクト、および癌の日本対専門家会議について考えた市民と子宮子宮癌征服圧を目的とした子宮子宮癌の社会)が、診察の初期段階の承認が、2番目の上で厚生労働大臣の枡添要一から改良とヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が子宮子宮癌選別などの予防ワクチンであると評定するのを要求しました。 これは示されました、そして、受信のHealth大臣の舛添は予防ワクチンの保険塗布における積極的な意志を示しました。
要求の具体的な内容は3です。飲酒. 公費が初期段階の承認の*細胞学の確立をロードする*によって予防注射される人の負担軽減を指します。*現在の認可を申請する予防ワクチン、HPV点検を使用する役に立つ診察システム、および公共の医療保険制度
野田okoichirou(子宮子宮癌征服圧を目的とした専門家会議議長)は「それは100の国によって既に承認されました」と仮定して、初期段階に予防ワクチンの国でHealth大臣の舛添から承認を要求しました。 Health大臣の舛添は、それが説明された後に、「私は、優先を他の1つよりもう少し与えて、承認したいこと」を考え、この「最終的に、保険制度が適用されたのは、望ましいのであること」を示しました。
そのうえ、それは、本年度に補正予算へ約216億円まとめて、診察システムの確立と立替払いの減少に関して子宮頸癌と乳癌検診の無料のクーポンを配布するために強調されて、「公共の負荷をして、また、様々な外国で国内で通信について考えたいと思います。」と説明しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/38 精巣腫瘍/上 体から底知れぬ恐怖が /大阪 »
« <サイエンスリポート>がん殺す抗菌ペプチド