<サイエンスリポート>がん殺す抗菌ペプチド

<サイエンスリポート>がん殺す抗菌ペプチド

「おお、」 参加している中学生などの20人はカブトムシの幼虫から飛び出した体液が、見られて悲鳴であったという心配からよそよそしく心を奪う表現が上がるということでした。 茨城県の筑波都市の農業生物資源研究所は実験室が訪問された日本科学未来館の出来事で訪問されました、そして、伝染病と癌の治療に予想された「抗菌ペプチド」は、学習されました。
「要素が分析機器で詳細に取り出されるので、幼虫の体液は、別々に取られたアウトと抗菌ペプチドです」と言う農業生物資源研究所の純粋な石橋さん。 約40のアミノ酸を接続する抗菌ペプチドは、細菌からなどを具体化させるのを防御する昆虫の免疫系の一部です。Itは、細菌がボディーに侵入するとき、体液に見えることによって細菌を殺すという考えです。
代わりに、抗菌ペプチドによる血液中の抗体による取って、能動態が離れているということであるのにもかかわらずの、取って、能動態が100種類の抗菌ペプチドが今までのところ昆虫から発見されたより哺乳動物などMoreで昆虫でそれを分けるということです。 それは抗生物質が新しい抗菌剤を扱わない「薬剤耐性菌」に有効であるとして予想されます。
さん/さん 石橋他は、抗菌ペプチドのアミノ酸配列を調べて、反バクテリア活性に必要な部分を取り出して、アレイを少し変えました。 それは新しい機能が男性がアレルギーを引き起こす可能性を減少させて、抗菌ペプチドの中に備えて、強い殺菌力に現れるかもしれないからです。
その結果、そこで確かめられたあるアミノ酸配列の抗菌ペプチドは細菌だけではなく、癌細胞の一部も殺すという効果でした。 イメージがまた、単に癌細胞を目的としながら爆発するのを見て、関係者は驚いています。
細胞膜は穴をあけられます、そして、抗菌ペプチドがプラスの料金を着たので、それが負電荷で癌細胞と細菌のフィルムに引き付けられると考えられて、それは殺されます。 しかしながら、実用のために抗ガン剤と抗菌剤としてまだ研究しているのが、必要です。
それはさん/さんです。 「大きいherakuresuookabutoからの強い反バクテリア活性のペプチドがなどであることがわかりたいと思います」と言う石橋。 静かに大きい状態でカブトムシの幼虫を扱うのは、簡単です。 同様のタピオカと目は透明な脳にきらめきます。「関係者、」 「一周してください」を作る。絞首刑anatomyThe研究者の外観が将来この出来事から始めるのに耐えるかもしれないのを確実にしてください。  (**美津濃)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


【子宮頸癌予防ワクチン】舛添厚労相が優先承認を示唆‐保険適用も »
« Dr.中川のがんから死生をみつめる:/14 脳死は人の死か