Dr.中川のがんから死生をみつめる:/14 脳死は人の死か

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/14 脳死は人の死か

衆議院本会議に問題の脳死が「人の死」であると思われたという前提で人の意思表示が全く6月18日になかったとしても、臓器提供が単に家族の同意で認められた法案は可決されました。 さらに、禁止された15歳未満からの臓器提供はプレゼントの請求書に認められます。
この請求書の中身はあなたで臓器提供の世界標準の考えを言うことです。 私は、参議院で議論を見るのが、必要ですが、小児患者を含んでいて、臓器移植によって救われた命が、増加するという機会になると思います。
他方では、民主党の通常口論と鳩山幸雄代表であった麻生太郎首相はこの請求書で一斉にそれに反対しました。 「「脳死の世界に関する意見はしっかりまだ硬くなっていなく」て鳩山代表は同様の印象を首相に説明しています、それを言って。」

臓器移植法を励行した後に、81の例だけは12年間我が国で脳死移植をしています。 臓器提供の意志を宣言する「意思表示カード」の話は最近、そう聞かれません。 実際に、意思表示カードなどのない比率は最終で91.6%達して、年が内閣府の調査であり、02年の91.0%から増えたということです。 人、「脳死を臓器提供の意志を示している人に制限するのが、必要であること」で、現行法によると、毎日新聞の世論調査には52%と大部分があります。 必ずそのような現実による死の定義における変化には国家の合意があるというわけではないと感じられます。
脳死は人の死であると思われます、そして、動く心臓を取り出すという考えは内臓の脳を意味します、そして、それは「特に、見ること」を作っています。 この「脳で例外を作ってください」は近代人の特性と呼ばれるかもしれません。 yashinarou**tsukasadosenseiが言われているように、「脳中心主義」は密接に近代化と市街化に関連します。 脳以外の内臓は、ちょうど近代社会が自然から遠ざかる内部で「脳がある手足」になったように思えます。
しかしながら、また、日本の気候が死生に関する日本の見通しを持って来たのも、確実です。 自然に与えられている四季と日本は、市街化がまだ進められていないと言うことができるかもしれません。 死生に関する日本の見通しが見られるとき、臓器移植の問題は好機です。 (Keiichi中川、東京の大きい付属病院、および緩和剤の准教授は診療ディレクターについて気にかけます)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


<サイエンスリポート>がん殺す抗菌ペプチド »
« 県内自治体、取り扱いに差 前立腺がん検診