県内自治体、取り扱いに差 前立腺がん検診

県内自治体、取り扱いに差 前立腺がん検診

県の徳島の自治体では、前立腺癌の診察(PSA検査)の取り扱いは分割されました。 厚生労働省は、過去の診察の有効性における否定的意見が、影響を及ぼすように思えるのを示しました。 しかしながら、日本泌尿器科学会は繰り返して「点検による死亡率の減少の効果があること」に従った意見を宣言します。 県の専門家は、すべての自治体が診察を実行するという上告です。
徳島新聞の試験では、前立腺癌は、県の中で鳴門、小松島、美馬、勝浦、神山とtsurugiの6都市の町を除く18の自治体によって調べられます。
それを実行しない6都市の町は、「厚生労働省は学術団体、および結論に達するまでの停止に関する意見と衝突する」(美馬市)と仮定します、そして、それがそれを中止した大部分は2006年の年度2008ですか? 「国は補助しない」という(小松島市)A財政事情は大きいです。
他の18の自治体が続いています、自己負担額(無料から2,000円)と物の年令が異なっていますが、その「良い結果早期発見を得てください」を言って。それ。
手順は6月に結局昨年の7月、半数が以下の医師に相談する人を減少させて以来それを実行している徳島市で診察券を郵送することによって特定の健康診断を始めると共に複雑になりました。 ヘルス・センターで担当している人は、「それが血液検査にすぎないので、必ず、それを受け取ってください。」と強調しています。

厚生労働省の研究グループは07におけるPSA検査で「死亡率減少の効果における根拠が不十分でした、そして、集団検診などによる実行は推薦されなかったこと」で意見を一緒にもたらしました。 「死亡率減少の効果は確実であっ」て、それはそれを日本泌尿器科学会に撃退します。これに対して困難です。 学術団体は「点検は強く推薦されること」に従った本年度の意見を宣言しています。
徳島大学の金鉱のhiroshishin教授(泌尿器科)「前立腺癌は、日本で増加して、欧米への食事の変化に関連されると思われます。 早期発見は重要です、そして、PSA検査は非常に効果的です。 それは、必ず、それを受け取って欲しいです、そして、管理への関心を改良して欲しいです。 」それは話します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/14 脳死は人の死か »
« ノブ・ハヤシが白血病と闘病半年で退院記事を印刷する