ノブ・ハヤシが白血病と闘病半年で退院記事を印刷する

ノブ・ハヤシが白血病と闘病半年で退院記事を印刷する

入院して、武道家ノブは緊急の状態でそれがそうした(chakurikiに杖をしている31=日本)をhayashiします。それは急性骨髄性白血病による1月6日に東京で退院しました。 病院から行ったノブ: 不幸な雨に。 「窓が開けられなかったので、風は快いです。 私は’お互いのためにIsを感じます。それは今、避暑しますか? 」それは笑いました。
1年間の約半分間、クリーンルームによる病気生活に対する戦いはそうです。 5つの抗ガン剤処理では、それは40の高温に苦しみました。 まゆは外れました。 しかしながら、それが「悪い方向と思わなかった」と言って、それは面と向かって病気の上にそれを得ました。 退院した後に、ぶり返しへの恐怖があります、そして、マスク摩耗のため、出かけるとき、食事は、人生1を避けます。 練習するために、あるのは可能ではありません。また、そして激しく「感じながら、貧血になりました」。 多くの制限が先にありましたが、悲観せずに、それは人生に適していました。
今年リングで見られた親切を返済するノブがありません。 病気があって、また、31歳であって現役に入るのが、どこで可能であるかは理解されません。 それはterareしません。tobotoboはあって、terareされません。 次の夏にゲームをしたいと思います。
それが退院した後に、それを作りたいのが聞かれるとき「退院できるのは、それを支持した人の好意です。 報酬を言う際に生きたいと思います。 」それは内気であると感じられました。 「未来です。」 「保ちます。」戦い謝意をもって完全な病気でそれに打ち勝つ1日までポーズをとります。 【Takuya Hamamoto】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


県内自治体、取り扱いに差 前立腺がん検診 »
« かんぽのがん保険参入は民間と対等条件