小児白血病患者に対する頭蓋照射療法は不要

小児白血病患者に対する頭蓋照射療法は不要

大多数がした急性のリンパ芽細胞白血病(すべて)は新しい研究による頭蓋照射をはっきりさせられた必要はなかったように、それが新たに診断されていた幼児にはっきりさせられました。 化学療法だけを受ける幼児は、許し(許し)の期間が放射線療法を一緒に使用した幼児より長いと言います、そして、また、有害事象も小さかったです。
白血病は3と3時頃のその人の十代の間の幼児と中の若い人の癌(癌)では、大いに、一般に、4人という小児白血病患者の人々がすべてを認めるということです。 従来の治療で化学療法と予防的頭蓋照射をします。 生存率が同時で照射を使用することでそれを改良すると信じられていますが、別の癌にはリスク増加の重篤な副作用、認知障害、発育遅延などがあります。 残っている癌細胞は見落とされました、そして、化学療法レジメンが改良されたとしてもそれを照射しなかったなら、それは白血病のぶり返しに疑念を抱きました。
71 全身化学療法か頭蓋内膜の下の(腰椎穿刺)を管理することによって化学療法をしたことの初期例は米国のセント柔道におけるチン-恋人Pui博士であるのにもかかわらずの、聖ジュードの幼児の研究病院(メンフィス・テネシー)が今までのところ予防的頭蓋照射をしていたこの時代に予防的頭蓋照射をしたことの56の初期例にたとえられました。
寛解率は化学療法のただ一つのグループの5年間の研究の結果、90.8%でしたが、それは一緒に放射線療法使用のグループで73%でした。 化学療法のただ一つのグループの11の例に中枢神経系ぶり返しを認めましたが、すべてのサンプルと2番目の回の許しを得ました。 研究結果は6月25日に結局のところ、U.S.薬の雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発行されました。
Puiさん「それがそれを照射しないのを回復できます。頭蓋。 90%であり、幼児の以下はすべての患者をそうします: 効果的な化学療法で。 それは現在、非常に高く、一般的な人とわらです。 」それは説明します。
米国ピッツバーグ小児病アカデミー(ペンシルバニア州)のA.キムRitchey博士「これが研究する答え決勝ではありませんが、照射をできるだけ個人的に静まらせたがっていると思われます。 個別化(個性化される)は白血病の処理で進みます、そして、より高いリスクに応じて、それは患者より多くの治療を受けることになります(それは時に遺伝子型に基づいています)。 この研究は、頭蓋を照射せずにハイリスク患者を治療できるのを示しています。 回復した後に、処理(影響)の結果への心配が大きいので、それは小児腫瘍学の望ましいデータです。 」..記述。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


塩野義が堅調・がん治療用ワクチンの治験報道が手掛り »
« 遺伝子操作で精巣がんの過程再現