遺伝子操作で精巣がんの過程再現

遺伝子操作で精巣がんの過程再現

特異遺伝子操作が幹細胞に追加されたとき、それは京都がマウス実験で睾丸における変化を悪性癌細胞の中に確かめたのと同じくらい大きくそれに精液、Takashi篠原のチームでなりました。それは約3カ月で癌にしたでしょう、そして、最初に、操作された幹細胞をマウスの睾丸に移植したとき、正常な精液を作りましたが、腫瘍(腫瘍)を引き起こしました。 篠原教授「人生植物細胞癌は再生できました。 睾丸癌の新しいメカニズム明確化を引き起こす可能性があります、そして、それは将来、男性不妊の処理の役に立ちます。 」それはそれを作ります。
チームは精液でそれになる幹細胞を培養する方法を研究します。 それは、特異遺伝子がマウスの幹細胞と共に活性化したとき、自己に生体外に増殖するようになるように確認されました。
しかしながら、癌への作成のスイッチは過度に刺激となって、増殖メカニズムのものから入るように思えます、そして、それを移植した後に、それは、癌に行きます。 チームは、自己に増殖している間に癌細胞を発明する「癌の幹細胞」に変化する可能性があると予想します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児白血病患者に対する頭蓋照射療法は不要 »
« がん予防推進員養成講座に120人