がん予防推進員養成講座に120人

がん予防推進員養成講座に120人

県のヘッドの住民から癌の診察を促進することによって行動する「癌予防販売促進メンバー」のトレーニングコース、(県とNPO、kurebususapo、-、後援) 佐賀市民ホールが4日にありましたか? 約120人は講義に出席しました、そして、それは真剣な表情で注意深く専門家の医師の講演を聞きました。 販売促進メンバーは、初期段階に相談に関する普及を進める役割と領域とオフィスでの癌の診察の防止です。 トレーニングコースの学生は県から信用カードを受け取ります、そして、それは1年間ボランティアで行動します。 そこに、元癌患者と我慢強い家族の講演にも出席するのがいろいろな事があります。
コースでは、癌の治療の前部で活動的な県の4人の医師がそれについて講義します。 嬉野**ottoと腫瘍(腫瘍)内科の県の病院の良いukanのディレクターは、データによる県の癌死亡率の高さであって、上告されています、「癌にかからなかったライフスタイルと診察による早期発見は重要であること」を示しました。 それは特別な「癌化学療法」に関して「処理が始まったとき、薬は、許可なしで止められないで、量を減らしたことなど」の「7つの条項」を導入しました。
また、トレーニングコースは25日の午後1時にTosu市民文化会館で開催されます。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


遺伝子操作で精巣がんの過程再現 »
« 中皮腫で死亡 国に賠償命令