中皮腫で死亡 国に賠償命令

中皮腫で死亡 国に賠償命令

ベースにおける安全対策が不十分であり、横浜地方裁判所横須賀支店がアスベストによって引き起こされた中皮腫によるアメリカの海軍横須賀ベースにおける従業員の男性の死に関して6日の決定で遺族側に上告をもう少しで認めたところであり、トライアルで約7700万円で国に補償を命令したので、遺族が国から補償を要求し続けていたと思われました。
このトライアルでは、米軍が安全対策を無視して、遺族が**の間でその等を雇った国から約9400万円の補償を要求したのが、理由である、それが想定されるものである、(51歳、その時)、アメリカの海軍の従業員の**の間では、横須賀ベースは一昨年アスベストによって引き起こされた悪性の中皮腫で消え失せました。 もっとも、米軍ベースの中の従業員現職が国内で引き起こされたので、初めてアスベストによって引き起こされた健康被害に懇願したトライアルに上告した直後壁の横須賀で18年間のなどのための含まれたアスベストをしたならそれを基礎づける空調設備のインストールの仕事は**の間で死にました。 行われた原告側が、アスベスト測定が船の修理と必要な安全対策以外のオフィスで遅くて、不十分であると主張した間のトライアルにおけるなどが思われた「マスクと防護服は分配された」と思われた国。 横浜地方裁判所横須賀支店の裁判官の司会するsakaeharuは、「ベースで**の間で働き始めて、十分なアスベスト測定が実施されていなくなった後に少なくとも10年間マスクが向けられなかった摩耗の徹底」として6日の決定で約7700万円の補償を国に命令しました。 元従業員と遺族が引き起こした現在のトライアルが、国にどこを責任を認めるかという決定は米軍ベースにおけるアスベスト損害の上で出かけます、そして、和解は承認されました。 南関東防衛省防衛局: 決定に関して。 「国の主張の法廷の理解が得られなかったと思われます。 決定の内容は慎重に調べられます、そして、関係各機関と共にそれを調整した後に、適切に未来に対処したいと思います。 」それはそれを作ります。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん予防推進員養成講座に120人 »
« 動物性脂肪の摂取が膵癌(がん)の原因に