白血病男性 灯の展示会 福岡市の笠本さん、6日から 陶製ランプシェード制作

白血病男性 灯の展示会 福岡市の笠本さん、6日から 陶製ランプシェード制作

それは4年前に白血病のため男性が家で作成に陰影をつけているランプ陶器を続けている、人の人生の6つの残りの何カ月、および病気suruに対する戦い中で判決を下されます。 仕事は仲直りしました: 100のあまりに多くがサポートとして生きているところで指します。 「回復とshinoakari展示会」は願望から開かれます、福岡市の城の南の区役所(Torikai6)の6の5日間から10日間、「暖かい光で病気で私と苦しむ者の心を同じくらい点灯したいと思っ」て、もっとも、物理的な状態は決して香りが良くはありません。
この男性は福岡市のhayayo地区のこの笠のTakeshiが(69)をhokumaするということです。 それ白血病11月、それが市民の様々な心配に対応した2005年であるときに展開します。早いこと夜間のコンサルタント、ヨー、区役所。 人の人生の残りは1–6カ月として医師によって判決を下されました。 その後に、閉鎖が、1カ月また、あまりに多くがなにかを見つけることができないことを望んでいて、混雑していて、毎日が続いたと言われます。
しかしながら、それは、以前訪問された陶芸フェスティバルで見られたランプの笠の暖かい光を思い出して、左の時代に明確に生きるのにおいて決心しています。 「私は欲しいです」と言って、それは無邪気に粘土をこねます。心の闇それを燃やすために。回復であること。 「yashinoは借入れをmeiし」て、生産における家の陶芸のために窯でそれを吸収しています。 仕事がバイタリティーでそれを作った、「生きている、例外的である、」 そして、今までのところの約100ポイント以上まで行きました主治医が驚いている。
桜の花の花弁は作品の多くのように側に刻まれます。 勇敢にカラフルに咲いて、散る桜の花。 笠は心から振り向きます、「桜の花の1つの花弁がランプの日陰に刻まれたときはいつも、私は現在のミーティングについて相次いで思い出させられました」と言って。以前、死が突然持っている4年は存在において現れました。, 「そして、涙はあふれました。」

それは病院へのある行くので、人の健康を番狂わせで破って、今年の3月に5月の病院でいなくなった後に、10日に定期的に輸血し続けます。 しかしながら、白血球の数は正常値に戻りません、そして、物理的な状態は全く良くはありません。 「人生の最後のポイントは近いかもしれなく」て笠。
状態いつ急転するかがあるかどうかは、分からなかったので、ギャラリーは賃借できませんでしたが、城の南の区役所は最初の床のロビーのスペースを提供します。 笠は、ランプの笠に桜の花の花弁のホールで堪えて、彫刻しながら新しい状態で会いながら、置くのを楽しみにしています。 入り口は無料です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


市民公開講座:先進のがん治療、専門家が講演--山口 /山口 »
« 肺癌(がん)にスプレーを用いた遺伝子療法の試み