乳がんの精密検査で基準作成

乳がんの精密検査で基準作成

処理が遅れたケースがあったので、その後乳癌の疑問があったとき、診断されている間の徹底的な検査による見落とされた癌でありながら乳癌などで専門家からそれを作った日本乳癌学会が、徹底的な検査に必要な検査装置と采配を振った医師の資格などが提供された規格を作りました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肺癌(がん)にスプレーを用いた遺伝子療法の試み »
« がんを抱え美容師として生きる 遊佐の佐藤さんが単行本を出版