がんを抱え美容師として生きる 遊佐の佐藤さんが単行本を出版

がんを抱え美容師として生きる 遊佐の佐藤さんが単行本を出版

(47) = 遊佐町のnaosei=は4癌を保持している間、美容師として働き続ける由美佐藤の本です。 「あなたはあなたの人生0の残りに生きます–現役と奇跡の美容師のStory」(WAVE公表)というWoは発行されました。 自己の半減期、病気に対する戦いと明日闘争(闘争)を知るのが、できない人生に反対でしたが、明確に働き続ける意味などはつづられました。 さん/さん 佐藤は「この本が病気に制限されません、そして、distresssの業務の様々な人は助けられること」で話しています。

さん/さん 佐藤1962(1962)は、時代と、遊佐町出生です。 それの後の東京、合衆国、およびニューヨークの美容師がローカルで高校を卒業するとき、働いた後に、それは家族の看病のために家に帰ります。 ‘美容院「髪のMake’DEAR’」は2002年10月に開かれました。
癌、「銭;、あなた、(しないように)nou**癌、」、顔は2年で後に42歳のときに見つけられました。 44歳のときに首の骨と肺で転移します、そして、摘出手術を受け取りましたが、46歳までにそれはさらに、眼底に転移します。 治療法がそうでなく、山形大学医学部への通勤が山形市の付属病院であり、日本海は現在の酒田市の総合病院です、そして、美容師としての作品が緩和剤を受けている間、気にかけられます。
訪問されたさん/さんを本に書く機会 今年の2月28日に関するWAVE公表、および要求された公表のtamakoのNaoto社長による佐藤の起源。 tamako社長がさん/さんの声を聞いたと言われています。 東京を再ソートする美容院における佐藤の話。 それはそれを引き受けました、抵抗が初めに注意の公表で感じられたと言われましたが、「私の経験はだれかのためになります」と言って。
–42*歳のときに同じ本に4癌で単独で通知を受け取る*切望のニューヨークで新しい状態で*の私が私になることをそれを願っている*がその城に面している入院の癌の*美容師と戦って、あるとき、働き突然に続けて、Itが5章飲酒で構成している間、私はライブな状態で選抜しますか?
‘癌の通知が病気人生に対する受け取られていていて、困難な戦いであるときに、中では、心は”. . . . 神はこの世でいてください–”神がいたなら、不平等であること’が下に震動させることができなかったという願望。」というItがそれをつづる費やされた「Does’Iです。 Whoは触れることができません。それがだれのためも癌にかかることができなかったので、あなたは非難します–(省略)私は、恐怖を保持し続けないのが重要であると思って、現在、私でできます。しかしながら、長い間通っている間、調節してください、「」Itは、思われるために来た気持ちの変化に触れています。
そして、最後の章「未来の私から来ているとき、確かに、人生は理解されません。 病気…Itから遭遇する人の人生の残りは0であるかもしれません。 私に息キックがある限り、それは’努力よりなにもに優れたもの’の精神で愛の仕事で生きています。」それはそれを接続します。
さん/さん 佐藤「自ら、簡単で苦痛なものは人に苦痛で、悲しい時間をまだ過させやすいです。 考えと努力によって、非常に苦痛な状況は幸福になります。 」それは話します。 もう現在、いつそれがいろいろな事であるか、そして、新しいお客様が物理的な状態の敬意からさん/さんまで受け入れるべきでない時間です。 1日あたり7か8人の予約お客様ですが、佐藤の美容院に訪問されます。
四六判と176ページ。 1400円(税金を除いた)。 それは書店で全国を通じてそれを扱います。 問い合せはWAVE3713です。公表03(3261)…

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がんの精密検査で基準作成 »
« 乳がん検診など一部無料化を継続