がん患者支援チャリティーイベント、今年も室蘭で開催

がん患者支援チャリティーイベント、今年も室蘭で開催

昨年癌患者サポートチャリティイベント「Rire-fo-raifu(RFL)北海道」(実行委員会と日本対癌の社会後援)が1日であったとき続いて、それは、再び8月に29と30の両日の道路で成立しながら、室蘭と白鳥Ohashiメモリアルの側で広場に隣接してそれをつかみます。 実行委員会のなどで , それは経営資本になる資金調達とそれと企業を支持する人の参加を求めます。 4番目になったRFLが、室蘭で初めて、北海道で昨年の癌患者と多くの熱意で全の国によって持たれていました。企業それを支持した人と一般的な市民。 「必ず、連続」に従った声は出来事の内容が人気があったという事実の終わり直後出て来ました、そして、実行委員会(Noboru金沢と事務局が請求する坂本習慣koの11人と貴子議長)は、今年の5月に立ち上がりました。
チームは結合しますか、そして、あるいはまた、夜通し歩くか、そして、患者は癌と24時間戦っていますか?Itが魅力的な「リレー散歩」の人生、キャンドルと、死の間近い人、および多彩なステージ出来事、支店で慈善市包含を満たす、「Ruminarie、」 それが病気人の望みに対する戦いを発明して、検診車が予定されている、肺癌診察など

それは、ボランティアと出場チームと管理を支持する協力企業が、編成される間の未来に個人で資金調達とプログラム広告料金(サポートのお金)のような経営資本などの協力を求めるでしょう。 目標の金額は100万円です。
さん/さん 金沢とさん/さん 坂本は熱心です、「それがきちんとしていますが、大成功である最後の時間と比べて参加している患者と家族にとって激励であるために手作りの出来事、およびそれの癌の防止と早期発見に懇願したがっている」ということです。 出来事の内容などのような詳細は今月の終わりまでに決める予定です。
問い合せはさん/さんです。 坂本、0143.47に、5965番目の電話ゲーム、30619731、およびアカウント名がそうである、「Rire-fo-raifu、室蘭実行委員会の委員会、」 ” ..19010そして資金調達を移してください。 … . コネが「銀行と取引する」数にサインしてください。行きます。 「ucho」…
(撮影**Koichiro)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診など一部無料化を継続 »
« 長谷川V9宣伝カー、がんと闘う母元気づけ