「がん化学療法外来」開設へ県立中央病院 通院治療を集約化

「がん化学療法外来」開設へ県立中央病院 通院治療を集約化

本会議は1日、および通常の山梨県議会のように再開されました、と続きました、そして、(自民クラブと韮崎)が質問したshiと代表は質問します、**石井(自民、上野原、および北都留)の道徳、そして、Masaki山下(自民の新しい政治協会とホイッスルfu)は、6月に一般に関してTakeshi清水に質問しました。 横内正明知事は答えで2010年4月に特定の地方独立行政法人に行った県の中央の病院で「癌化学療法通院患者」という設立に関する政策をはっきりさせました。
県の県の病院管理学計画部屋に従って、この通院患者は種類に応じて各通院患者による試験を受ける癌患者の化学処理を統合します。 病院で心がいつであったかときに、特別な病床をインストールすることによって病院に定期的に行きさえすることによって、それを管理する抗ガン剤などの処理は受けることができます。
また、常勤で働く薬剤師は通院患者にそれを配置します。 治療効果の改良は、医師と提携して薬と投薬方法を決めることによって、試みられます。
それがこの通院患者の必要条件を満たすことによって4000円まで増加するので、普通の癌の化学治療における処理条例の1650円の倍の診療報酬になりますが、それは増収に通じます。 この病院は、県の癌の診療ベース病院に指定されながら、「放射線治療を含んでいて、広い癌の治療を提供できる」(この部屋)と仮定します。
他方では、当然のことが映し出す、はっきりさせられた県は、本年度に耐震な木造住宅の作成を促進するために広げられました。 県の工事家の部分に応じて、修理作業の家庭が崩壊で圧死を防ぐために家の一部だけを補強する「耐震な避難所」であると仮定した9万円は補助されます。
作成の目的の修理作業を耐震に狙った補っているシステムが、見直されるとき、それは適用されます、そして、耐震にするのを含んでいて、それを再建します。 国の両方の地方の家の交付金システムは使用されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


川村カオリ新たにがん転移…音楽活動休止へ »
« 京大など、精子幹細胞で生殖細胞の腫瘍形成したモデルマウス作製