京大など、精子幹細胞で生殖細胞の腫瘍形成したモデルマウス作製

京大など、精子幹細胞で生殖細胞の腫瘍形成したモデルマウス作製

京都大学のTakashi篠原教授と東京医科歯科大学調査チームの講師がモデルマウスをそれに作る際に後任となった聖仙イギリスtokuninは、精液でそれになった精液幹細胞を使用することによって、生殖細胞(腫瘍)の腫瘍を形成しました。 精液幹細胞の数が増加するとき、自己再現が過度に起動されるとき、それが腫瘍の形成を引き起こすのが理解されます。 それは人間の不妊治療と睾丸癌の治療のために米国科学雑誌セル幹細胞電子版で役に立つ結果によって発行されます。
調査チームは、Rasと呼ばれる遺伝子(ルース)かCyclin(saikurin)のどちらかを導入するので、増殖因子を使用せずに精液幹細胞の数を生体外に増加させるのに成功します。 それは分子レベルで詳細に自己再現のメカニズムを分析できる状態で生まれました。
実際にそれを分析することの結果、Rasの遺伝子を挿入した精液幹細胞は、試験管から睾丸までの移植の第一段階で正常な精液を形成しましたが、3カ月後に大部分が人工の癌でした。
(2009年7月2日に、日に発行します)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「がん化学療法外来」開設へ県立中央病院 通院治療を集約化 »
« ジョニー大倉、悪性リンパ腫だった!