がん早期発見に 福岡病院が県内初のPET施設導入

がん早期発見に 福岡病院が県内初のPET施設導入

全身は一度に調べられました、そして、市の開成佐賀の福岡病院は癌細胞が、ミリもののユニットが1番目であると接近すると発見できた「PET点検」の設備を導入しました。 県の中の最初の設備、検査費で: 約8万円から。 この病院が話す、「’PETフルストに基づく癌と処理の早期発見につながりたいと思う、(まず、PET点検、)、’」 PETはキャラクタへの癌細胞が取る注意に多くのブドウ糖を支払います。 ブドウ糖などのような薬は発見されます、そして、ボディーの内部は注入されます、そして、活動状況は作られていて、イメージであり癌の変化が病的状態において発見されるということです。 この病院で写真とセットを撮るCTの設備を導入します、そして、イメージは結合しています、そして、精度は改良しています。
点検時間は約2時間です、そして、位置、サイズ、および状態は理解できます、そして、腫瘍(腫瘍)が悪性であるか、または良いことにかかわらず小銭によってさえ病的状態イニシャルに区別されてください、 それ、発見が難しかったです。
健康診断目的の点検は保険アプリケーションの外でPETです。 CTの費用は7万9800円です。 PET?Thereがコースである、(8万のための20万円、円台、)、初期段階の胃癌、腎臓癌、および肝細胞癌を調べる点検に結合されています、ケースに伴うなどはCTと共にどちらも容易に見つけませんでした。
「癌で単独で死んだ多くの患者を防ぎたいと思います。」と、誠福岡イギリス理事長は同じ日に、あった「PET?CT診察センター」の開いている場所式で話しました。
【写真を撮ります】まず最初に、「PET?CT診察センター」は2009年7月2日の福岡病院がUpdateを設立した県で伝説市の開成と等しいです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ジョニー大倉、悪性リンパ腫だった! »
« 精巣がんに新たな仕組み? 遺伝子で幹細胞が悪性化