精巣がんに新たな仕組み? 遺伝子で幹細胞が悪性化

精巣がんに新たな仕組み? 遺伝子で幹細胞が悪性化

Takashi篠原の京都がマウス実験、およびそれで睾丸における変化を悪性癌細胞の中に確かめたのと同じくらい大きいチームは特異遺伝子操作が精液でそれになった幹細胞に追加されるだろう秒と日付を入れられた米国科学雑誌セル幹細胞に発表されました。
それは約3カ月で癌にしたでしょう、そして、最初に、操作された幹細胞をマウスの睾丸に移植したとき、正常な精液を作りましたが、腫瘍を引き起こしました。 篠原教授「人生植物細胞癌は再生できました。 睾丸癌の新しいメカニズム明確化を引き起こす可能性があります、そして、それは将来、男性不妊の処理の役に立ちます。 」それはそれを作ります。
チームは精液でそれになる幹細胞を培養する方法を研究します。 それは、特異遺伝子がマウスの幹細胞と共に活性化したとき、自己に生体外に増殖するようになるように確認されました。
しかしながら、癌への作成のスイッチは過度に刺激となって、増殖メカニズムのものから入るように思えます、そして、それを移植した後に、それは、癌に行きます。 チームは、自己に増殖している間に癌細胞を発明する「癌の幹細胞」に変化する可能性があると予想します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん早期発見に 福岡病院が県内初のPET施設導入 »
« テラ(2191・ジャスダックNEO市場) アイマックスがん治療。(証券ジャパン)