がん:改良抗がん剤で延命効果、マウスで確認--京大グループ /京都

がん:改良抗がん剤で延命効果、マウスで確認--京大グループ /京都

****に情報を得てください。グループ、癌細胞が抗ガン剤「タキソール」で好きであった栄養物を接続することによって、京都の大きい再生医科学実験室の准教授(iが設計されて)は延命効果の昇給にマウスに成功しました。 安全が将来確かめられると考えられて、それは臨床応用につながります。 それは3日の東京である日本のDDS学術団体で発表します。
活発に癌細胞のキャラクタを使用するのによるその癌細胞を狙撃するメカニズムが、栄養物として「葉酸」をみなします。 癌細胞の増殖を抑圧するという効果が攻撃正常細胞時点で今までのところ方法より高いと言われています。
タキソールが容易に水に溶けなかったので、org.solventは使用されましたが、アレルギー症状などの副作用は問題でした。 グループは、葉酸との接続の前にタキソールに影響する砂糖の人工のなどであり、水に溶けて、溶剤の副作用に負けているために容易に作るのに成功しました。
何日も延命効果が人間の癌細胞を移植したマウスで調べられた50%までの生存率の秋は過去のタキソールの110日間に立ち向かわれました、そして、グループが改良したタキソールは、170日間に延期されました。 【朝日ヒロユキ】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


テラ(2191・ジャスダックNEO市場) アイマックスがん治療。(証券ジャパン) »
« がん闘病記 ネットに広がる