がん闘病記 ネットに広がる 

がん闘病記 ネットに広がる 

癌患者がメールとブログで病気記録に対する戦いを書く動きは広がりました。 感情が様々であるので、それはアウトレットとして患者の情報交換、知人、および理由でそのようなものを交換します。 初診の患者のイメージの送られた癌は、隠されませんが、明確に表面に来ます。
「髪は、3日にchabinにオフで、はげになり始め」て「また、退屈感じがdeをしますが、息を失うのは激しいです… 階段を取り替えるステーションを上がっているGoingは重大です」。
Hiroshi町=は、判決を下された1カ月の後に昨年、8月終わりに不規則に終わりの食道ガンの神戸市の**Higashi-Nada Kunihiko(67)=区に抗ガン剤処理、状態、苦心、恐怖、知人、および家族の心配の変更を書きます。 それは「胡-10(放浪者)」のタイトルの友人のメール送信です。 話されていて、「私は、前方にを見ないで、心に関する記録を残したかった」ということです。

癌はさらにリンパ節、胃、および肺にさえ転移します。 その間、メールは59番目の問題を数えました。 「これまで家族と友人との濃い異なったコミュニケーションができて生まれたのは、確実であっ」て、**。 奨励の回答は連続したメールを受け取る友人から来ます。
知人から知人までそれを進めます、そして、断固として癌に立ち向かう外観は人の共感を喚起します。 「強く作られていて、あなたはそれであれば癌にかかることができて、示しました」 ”

-

癌は我慢強いです。ブログと購読サイト(SNS)家族は活発に情報交換しました。
(42)の長田・ウォードが腎細胞癌に判決を下した神戸市の介護福祉士の男性は「そうします、そして、それをよろめかせてください」を命名する03年間ブログを書きます。 「他方では、ショックに関して冷静に病気を捕らえた職業ハンドルか目がありました。 それは確実に同じ病気の人に参考になります。 」-。経験豊富な人のため気持ちの後の具体的な兆候のように話すことができる話を紹介すると言われていて、判決を下されると、薬は取られたなどです。 , そして、50日の人々は平均して読みます。
癌は、肺と大動脈に転移して、人の仕事に負けます。 経済負荷は薬の副作用に連続していて入りました、そして、それが精神的にまた、意気消沈した時がありました。 しかしながら、パワーは置かれます、「全国を通じてネットを通して患者に電話をして、患者の権利に懇願したいと思います」と言って。 (ミカOtsuki)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん:改良抗がん剤で延命効果、マウスで確認--京大グループ /京都 »
« ラジオで浅野前知事激励 白血病闘病中、本人も録音出演