副作用抑制、効果増大の抗がん剤開発 京大・玄准教授ら

副作用抑制、効果増大の抗がん剤開発 京大・玄准教授ら

shoukyuu) 効果を示した天然起源の抗ガン剤「タキソール」、グループが引き継いだ准教授(生体材料研究)の研究、および再生医療実験室..gen****の京都大学科学、(アレルギー性の副作用が30日に卵巣癌などによって抑圧されていた後に、高い効果へのアップデートされたバージョンの開発に発表されました; 主として、約3年後に. 臨床実験によって製薬企業と提携して行われる予定です、そして、redish黒人の准教授は「患者負担を抑える画期的な発見」と仮定します。
redish黒人の准教授によると、「ヒマ」は、いちいの葉の抽出要素が原料ですが、親水性が低いときに、タキソールが水溶性を改良できるように、混ぜられます、そして、それはしたたり管理のための液体にそれを処理します。 ボディー赤を膨らますことなどの兆候が引き起こされたとき、この影響のため、管理された患者の約30パーセントは良い問題になりました。
研究グループはトウゴマの代わりにボディーに害を及ぼさない天然高分子「デキストラン」を選択します。 繰り返して混合実験をしました、そして、それは最高水位溶解度でタキソールを作るのに成功しました。
さらに、葉酸は吸着させられます、そして、癌細胞に施された実験は、実行されます。 それは、過去のタキソールから癌細胞まで合併して、3時頃に効果が強いという展開している「葉酸吸着水溶性タキソール」で活動して、引き継がれた抗癌の回を得るのが、簡単になるように確認されました。 葉酸の多くの受容体が癌細胞の表面にあると言われていて、redish黒人の准教授によると、葉の酸を含んでいる多くのタキソールを飲む習慣があります。
研究成果は7月3日に東京で行われた科学ミーティングで発表されます。 「副作用を減少させて、負荷が患者に寄りかからないで、有効に扱うことができると予想できました。」と、redish黒人の准教授は話しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ラジオで浅野前知事激励 白血病闘病中、本人も録音出演 »
« コンサート:がんと闘う夢慧さん支援 歌声復活願い、30日橿原で /奈良