滋賀保健研究センター:胃がん検診、4人に結果誤通知--東近江 /滋賀

滋賀保健研究センター:胃がん検診、4人に結果誤通知--東近江 /滋賀

それが基礎と滋賀ヘルスリサーチセンターが今年の7月の東Omi都市で5、およびセンターをした胃癌診察で医師に相談した人が、24日までに正しい結果に4人に通知して、謝ったという4への間違った検査結果に通知したのが理解されました。
今月疑問がそこに指摘されているのが、4日に胃癌診察に関して医師に相談する人からの胃癌の疑問であるということであったときに、レポートが都市の保険センターにありました、そして、滋賀保険リサーチセンターが検査票をチェックしたとき、2の検査結果ドキュメントがこれらなどのように知らせる人を対にすると言われて、4人は同じセンターによると、入れ替わっているのが見つけられました。
主治医が胃癌診察でエックス線フィルムを見て、意見が検査票の上に記入されるとき、別の相談のときに人の間違っている検査票に記入するので、それがそうであり、フィルムの数と検査票による照合確認が不十分であったと言われています。 センターは、将来、二倍照合確認などをするでしょう。
同じセンターは医師に相談した約4500人がないかどうか検査結果ドキュメントをチェックしましたが、別のものは言われています。同じ都市での同期と欠点を見つけないことで県の町で10都市で医師に相談する人の間の胃癌診察。 【カズオ・斉藤】

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


コンサート:がんと闘う夢慧さん支援 歌声復活願い、30日橿原で /奈良 »
« 平成20年県人口動態統計 死因はがんが最多 和歌山