平成20年県人口動態統計 死因はがんが最多 和歌山

平成20年県人口動態統計 死因はがんが最多 和歌山

癌は県、67.9、および全の国の中で最もひどく昨年の死亡和歌山で死んだ人の原因を理解しています。1 気管、気管支、および肺の癌のため連続する4年であるとき死亡率が10万人毎のために評定する大部分は人口動態統計から2008年の県の年を理解していました。 他方では、10万人毎のための子宮癌による死亡率は6.4と全の国で最もわずかなものでした。 そのうえ、2007年に過去に記録された中でもの最も低い出生数は増加に変化しました。
人口動態統計によって2008年の県へのライブbirthssの数が7866人であり、それは前年より177人で増加しました。 1000人毎が前年に7.8超えていた出生率。 そのうえ、1人の女性が生涯出産する子供(合計特殊出生率)の数は前の1.34年から1.41(全の国における23位)増えました。 県の出生数が減少傾向を続けていましたが、年間増加に変えられて、記録された20 最も低い2007年の過去における2番目のベビーブームの1万8590 1973年のピークの後の
しかしながら、自然の数の41位は、全国を通じて3813年に人々を引いて出生と死の違いを増加させます。 死亡数は県の中で10年連続で出生数を超えています、そして、人口減少がブレーキを置かない状況は続きます。
死亡数はあらゆる1万1679が住ませる423人の増加です。 1000人毎のための死亡率は全国平均(9・1)を11.6超えていました。 死因では、多くの癌(27・7%)は精神病(16・8%)と肺炎(10・5%)の次の注文です。 癌に富むのは、肺癌であり、10万人毎のための死亡率は気管の癌への67.9支払われるべきものでした、気管支、そして、肺が最もひどく全の国でした。1 連続する4年であるとき。 他方では、あらゆる10万が6.4支払われるべきものを子宮癌と住ませるので、死亡率は全国を通じて最もわずかでした。
そのうえ、2.3の両方(全の国2.6)と新生児死亡率は1000人毎のために乳児死亡率のように0.9(1.2)との全国平均の下まで下がりました。
この他、結婚番号は59組で前年と比べて4902組減少します。 平均初婚年齢はそれぞれ妻、0.2歳での上昇、および成長がpopuralityする晩婚27.7歳の夫が続けている29.5歳です。 55 2174組毎が前年と比較した離婚番号は減少しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


滋賀保健研究センター:胃がん検診、4人に結果誤通知--東近江 /滋賀 »
« がん患者向け帽子考案