乳がん女性2年間撮影 宮下マキさんが写真集

乳がん女性2年間撮影 宮下マキさんが写真集

東京の生活のMaki写真家Miyashita(34)が写真集を置く、「市販に花に10月5日に鹿児島市から来ることによって」 (河出書房の新しい会社と1890円)存在するもの それはそれが乳癌の早期発見を求めた10月のピンクのリボンの月の間、それに合っていました。 「先で病気suruに対する乳癌戦いのため知られ始めたくて、女性が将来という写真を撮ります。 私は病気で’生きてください’を取りたかったです。 」
それは正しい胸の操作の1週間より遅い入退院を控えた女性に会うのからの戻る2年前に通常、割り込む数1,000の写真を撮るでしょう、そして、54ポイントは集められました。 ショートワードは付けられました、そして、摘出と恐怖でぶり返しに喪失感を維持している間に家族のサポートで立ち直られる外観は、引き起こされました。 それは本に行きました、同じ名前のフォト・エッセイが携帯電話のサイトを果たされていましたが、「紙をひっくり返すために好調にそれを示したいと思います」と言って。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん患者向け帽子考案 »
« キャンドルナイト:がん予防啓発 今夜、松江城馬溜広場 /島根