市民公開講座「難治がんの新しい治療法~進行肝・胆・膵がんに挑む」

市民公開講座「難治がんの新しい治療法~進行肝・胆・膵がんに挑む」

午後1時、 日付と#8195; 10月18日日曜日–4時
- ホールと#8195; それはそうです。九州大学100年間(..Fukuoka Cityの東地区馬ホールアウトしている3)のホールの医学部。
【内容】- 杏林大学内服薬腫瘍部教授は講演と公開討論会に生をします。古い。 ..急流船越の顕なエキスポ、国家の九州がんセンターの消化器官医師、および内部のスロープhirakokorozaの頭、および**医師の国立がんセンターの中央の病院のkimokimoの頭を命令します。 コーディネータはHiroshi藤野の読売新聞の西本部の医療セミナー事務総長です。【適用します】監査は無料です。 300 容量。 郵便番号、アドレス、名前、時代、職業、電話番号、および「’困難規則癌の治療’監査の望み」と明確にはがき、ファックス、およびメールで説明してください、そして、がんセンターの消化器官内科の市民の1九州担当の人に、〒の1つの講演を公開しています。811・1395 福岡市南の地区分野マルチ目3(092・542・8503をファックスで送っていて、 makikawa@nk‐cc.go.jp にメールします)。 質問があれば書く際に、加えてください。 容量になるとすぐに、それを閉じるとき、監査のチケットを郵送します。【後援します】国家の九州がんセンター消化器官内科
【共催します】日本対癌の社会と読売新聞の西本部

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


キャンドルナイト:がん予防啓発 今夜、松江城馬溜広場 /島根 »
« 山形でピンクリボンフェスタ 乳がんの早期発見・治療訴え