乳がんの早期発見・早期治療訴え「ピンクリボンかながわ」/横浜

乳がんの早期発見・早期治療訴え「ピンクリボンかながわ」/横浜

「ピンクのリボンkanagawa」はホールで始まりました。早期発見の重要性と乳癌の早期治療に懇願してください。 ..「出来事。」 ..市の中区横浜の26番目や県庁などの4つの場所… ピンクのリボンkanagawa(事務局と県の防止薬のクラブ)は後援されます。 県、横浜の海兵隊員Tower、およびNPO(NPO法人)の胸の健康な社会共催。 27日まで。
乳癌を伴う乳房全摘から立ち直りながら舞台に戻った前の宝塚歌劇団の東chimikaは自己の体験談に関して話しました、そして、宝塚の主題歌などは日本の大通りの近くのMatsumura庭のホールホールで歌われました。 それは胸と初期の乳癌になどを見つけるために不一致の感覚を感じた女性に診察の推薦の経験を紹介しました。 , そして、それが上告された、「診察が、もっとも、初期段階にそれを発見したので、笑って欲しい、勇敢であった、」

ピンクのリボンkanagawaが表現ベースであることで早期発見の重要性は分野終わりのEtsuko医師が乳癌から受ける経験にも強調されました。
それが県庁などの正面でホールで定期的に自分でモデルに胸について問い合わせるための触診方法を導入した角はインストールされました。 役に立つ胸のためだけの絵の胸部X線写真を早期発見に取るエックス線の検診車は示されました。
そのうえ、光は県庁舎と横浜の海兵隊員Towerが同じ日の夜早期発見の重要性と乳癌の早期治療を言うシンボルカラーのピンクに改良されました。
触診方法と胸部X線写真検診車の導入は県庁における27日に示されます。この役所のビルの前のホール。 また、海洋のTowerは県庁と共に光を改良します。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


山形でピンクリボンフェスタ 乳がんの早期発見・治療訴え »
« DNAチップ研、大腸がん転移予測する遺伝子検査チップ開発