DNAチップ研、大腸がん転移予測する遺伝子検査チップ開発

DNAチップ研、大腸がん転移予測する遺伝子検査チップ開発

DNAチップ実験室は大腸癌の転移を予測した遺伝子点検チップを開発しました。 大阪大学大学院薬の研究科と長期研究は作動するときステージ転移における2つの大腸癌のいろいろな時間を予測するチップで唱えられます、そして、それはこの数年間チップ開発に取り組んでいます。 Seimiritsuは、試験による77%とユーティリティが150のためにトレーニングセットで例を意図したと確認します。 まず、それは、今年度中に臨床応用のために大阪大学で高度な医療化を目的とします。  DNAチップ実験室は、リボ核酸分析で癌の転移の予測に注意を向けて、大阪大学と共に何年もの共同研究をしています。 約4000のケースのサンプルはあまりに遠くにという大腸癌によって蓄積されて、それがリンパ節転移がなければステージであるか、そして、もっとも、時が癌である、ことです。A転移の予測されたチップの試験が300回の大腸癌患者のために実行されるのを確信している、大腸壁の筋肉の層を超えています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がんの早期発見・早期治療訴え「ピンクリボンかながわ」/横浜 »
« 医療ナビ:あごの骨の壊死 がんや骨粗しょう症治療薬の副作用で発症する可能性…