Dr.中川のがんから死生をみつめる:/13 臓器移植法の改正論議

Dr.中川のがんから死生をみつめる:/13 臓器移植法の改正論議

臓器移植法の改正は話題になります。 道が脳死の臓器移植で切り開かれたので、この法は1997年に励行されました。 臓器提供の状態として問題の人のドキュメントによる意思表示と家族の協定の両方を得ます。 そのうえ、臓器提供をできる時代は15歳以上まで制限されました。
法には、人の死が脳死と定義されるので、それがありません。 それは問題の人の意思表示と家族の同意しかなかったとき、それが脳死であったので取り出されて、心臓の感動的ななどのような「それは生きている」という内臓が認められたものでした。 約12年間、3年後のレビューを提供しましたが、レビューしていませんでした。
1年あたり約3000の例の脳死臓器提供は合衆国で実行されます。 他方では、81の例が日本にある状態で法が12年に励行された後に、それはのろいです。 その結果、1万2000人以上は、現在、臓器移植を待つべきです。 そのうえ、15年ものの臓器提供以下が現行法で認められないので、脳死移植が必要である子供は、約1億円の費用を負担して、外国で移植を受けるでしょう。
法改正の機会は、今年「自国での臓器移植の拡大」が1月に要求されるインディケータ修正案の採用であると宣言されたその世界保健機関(WHO)です。 総会による採用は1年間延期されましたが、外国は重大な内臓不足です、そして、ヨーロッパもオーストラリアなども現在、日本人患者を受け入れていません。 国の臓器移植は高度ではありませんが、それは唯一の道路である外国での移植の道路が閉められているバックグラウンドです、そして、法改正は高度です。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療ナビ:あごの骨の壊死 がんや骨粗しょう症治療薬の副作用で発症する可能性… »
« 肝がんの2治療法を比較早期患者の協力で東大など