肝がんの2治療法を比較早期患者の協力で東大など

肝がんの2治療法を比較早期患者の協力で東大など

多くの患者であって東アジアに知られている肝臓癌(肝細胞癌)は初期のときに日本でしばしば比較的発見されています。 「処理を焼灼する電磁波」のどちらか、それ、摘出への初期段階の針の刺し傷と外科手術による肝臓、破壊、熱による癌は使用されています。 しかしながら、どんな明確な規格もないと言われていて、治療方針は医師の好意と得手不得手などによって決められるかもしれません。
東京大学などは、今年の初期段階の患者の協力を受けて、癌の再発率と生存率から2つのテクニックを比較して、優越か劣等の存在などについて確かめた研究を始めました。 それが考え、「患者の自己負担額はほとんど同じである」、(東京大学、病院)、そして、優遇が全く費用側面にありません。
東京大学の国教授tenhiroshi(**外科をkimokimoする)は「再発も肝臓癌の専門病院でまた、整然としているときの研究、扱った後に健康管理、および処理状況への参加」のように説明します。 それは呼ばれます、「近い将来患者のために選ばれるための2つの治療法を必ず、参加を求めたがっている人のやり方を失っ」て。
研究計画では、3年を過ごしながら全の国の75の施設で合意を得た600人の患者が、登録されています。 時代などが科学的に治療効果を比較すると考えられた後に、それは無作為に300人に分割されます、そして、各摘出がある電磁波で、扱います。
3年後に我慢強い登録が終わって、癌の再発率の違いは、最初に、分析されて、公表されます。 生存率は、2で何年もさらに分析して、結果を公表するでしょう。 処理が二次的にぶり返しなどのため必要であるとき , 自由に治療法を選択できます。
癌のサイズが20以上から物の1–3片の80人未満の歳と患者への3センチメートル以下離れたところにあります。 「肝機能は悪化などであっていないことなど」の必要条件を満たします、そして、「肝臓以外に、病的状態への明確な変化は見られない」で、それは摘出のためさえ扱うことができると判断されたケースと電磁波になります。
患者の負荷は比較的重いです、そして、確実に見ることによって癌を確認することによって外科切除を取り除くことができますが、回復するには時間がかかります。 電磁波は「医師の技術の違いが容易にあります」です。 「もっとも、超音速波の(エコー)点検のイメージだけで癌を確認できるので、(国の教授)が小さい、傷、また、早い、患者の回復、」
癌が言って、癌は、いついつそれが大きくて、肝機能が良いか、そして、それが小さく、肝機能が静まったかを摘出で言って、電磁波が、国内で使用される傾向があると言います。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/13 臓器移植法の改正論議 »
« 札幌厚生病院:ホスピス病棟、11年7月に完成予定 /北海道