札幌厚生病院:ホスピス病棟、11年7月に完成予定 /北海道

札幌厚生病院:ホスピス病棟、11年7月に完成予定 /北海道

北海道の厚生農業協同組合連合会(JA北海道厚生連)は、29日に札幌市の中央区の札幌厚生病院の拡大地図を発表しました。 70億円は投資されます、そして、1軒の家が増加されています。 個室によるパリアティブ・ケア以外に80のアルコーブから155のアルコーブまで倍にされて、施設(ホスピスと25のアルコーブ)がインストールされるということです。 完成予定は7月、11年です。
新しい区は地下における1階と地面の6階の鉄筋コンクリート作成です、そして、延べ床面積は1万2000平方メートルです。 この病院は、4月に厚生労働省からの地方の癌の診療のためにベース病院の仕様を受け取りました。 かしらのヒット終末期医療が末期ガンの患者、および岩尾Okuno議長のために意図したパリアティブ・ケア施設による熱心です、「癌の治療の更なる増進を試みたいと思う」ということです。

また、健康診断センターは新しい区への転送の計画をします。 人間ドックに関して医師に相談する人が、70人の近代の人々から100人まで増加します。 女性の施設が切り離されて缶が医師に相談する男女である、すべての日。 それはサービス改良と収益性の改良を目的とします。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肝がんの2治療法を比較早期患者の協力で東大など »
« 「療養環境向上願う」がん対策推進協委員の郷内さん