「療養環境向上願う」がん対策推進協委員の郷内さん

「療養環境向上願う」がん対策推進協委員の郷内さん

(49) 婦人科癌患者協会が「カトレアを植林する」という厚生労働省の専門家会議「がん対策販売促進会議」の委員会にそれを持って行ったJunko Gonai(仙台市)代表が、24日に初めて東京で行われた会議に直面していました。 在職期限は、2年と、さん/さんです。 Gonaiは話しています、そして、「瀕死の病人の願望を言うことができるように、努力をしたいと思います、そして、回復環境は向上するかもしれません」。

会議で来年度の国の癌の測定について議論します。 さん/さん 5年前に卵巣癌で手術を受けたGonai「要求が患者として州に大いにありますが、医師不足は重大です。 医療人だけが責任を負います、そして、社会全体で思うのが、必要です。 」それは発言しました。
会議は基礎が将来計画して、反映する国では、その間それが本年度中に決着する予定であると報告するというがん対策の販売促進に関する人の意見を与えるでしょう。
さん/さん Gonaiは宮城県のがん対策販売促進会議の委員会です。 ネットワークへの東北でのそれぞれの我慢強い協会の作成は進められました、そして、場所の様々ななどにおける、癌の治療の問題のレポートの活動は評価されました、そして、それは厚生労働省の会議の委員会に選出されました。
会議は2007年4月に始まります、そして、委員会は20の全の国です。医師、担当している管理人、および我慢強い協会代表… さん/さんの2人の荒さukayo 酒田市の健康な部のGonaiとチーフは、今年の4月に東北から委員会まで新たにそれを取りました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


札幌厚生病院:ホスピス病棟、11年7月に完成予定 /北海道 »
« 細胞検査士などが説明「がん細胞を知ろう」