細胞検査士などが説明「がん細胞を知ろう」

細胞検査士などが説明「がん細胞を知ろう」

公衆に公開している市民の出来事、「癌細胞を知ろう、そうした、」 27と28の両日によって、京王プラザホテルでは、6月に新宿区、東京で開かれました。 顕微鏡が日本の臨床の細胞学協会総会の部分にある状態で癌細胞が実際に見られたとしても、病気の構造と防止は学習されました、そして、市民は広く癌細胞を発見した細胞検査民族などの仕事を学びました、そして、それは計画されていました。 年令の広い市民は小学生からその人の80に集まりました、そして、それは情熱的に説明を聞きました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「療養環境向上願う」がん対策推進協委員の郷内さん »
« がん治療に効果の粒子線をレーザーで安定発生、装置小型化