がん治療に効果の粒子線をレーザーで安定発生、装置小型化

がん治療に効果の粒子線をレーザーで安定発生、装置小型化

癌の治療に使用される粒子線は、レーザで安定して発生しました、そして、日本原子力研究開発機構の関西の光学科学研究所(京都府木津-gawa市)や大阪大学などの6つの組織の共同グループは人の細胞に照射された装置を開発しました。 開発と管理の費用が低い過去の粒子線世代より小さい装置に抑圧されると言われています。
癌細胞が攻撃されている間、癌の放射線治療において、広く使用されたX線は通常の体皮細胞を損なうかもしれません。 粒子線はそうです。癌細胞だけを不当に攻撃するのが、可能であるので、治療効果が高い想定されています。
全国を通じて現在、7つの粒子線治療施設があります、そして、兵庫の県の粒子線ヘルス・センター(通過同県都市)の全の国から1年あたり約600人の癌患者を受け入れます。 しかしながら、施設が巨大な開発費と管理で大規模かかって、四方の10に関する問題になるそれぞれの粒子線世代装置は医療費について値を付けられた高値を計量します。
今回、開発された装置のサイズは四方です。約10のmetersAの強いレーザによるそれをできる薄いフィルムに適用されて、プラスチックの種類と粒子線が発生するということです。 新しい相次いで薄いフィルムは補給されて、微粒子の光線であるかもしれません。穴は薄いフィルムで開きますが、安定して出されます。 それはそうでした。容器の中にそれを培養した人の癌のセルにそれを当てるとき、大きな傷をDNAに与えて、治療効果があったのが確認できます。
粒子線が電気によって加速されるので、電源装置とアクセルでスペースを取るので、過去の装置は巨大です。 レーザが何百回もの時代の電気からこれまで効率的に粒子線を加速できるので、それを小型化するのが可能であったと言われています。 しかしながら、開発された装置から行く粒子線は、実際にエネルギーを扱うのにそれを使用するために十分であり、高いエネルギーへの実用作成のために問題になりません。
Yogoakifumi) 研究者yokata satobun、(. . 「それを実用につけるのが、可能であるなら、粒子線治療施設に普及に通じてください。」と、この実験室は話しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


細胞検査士などが説明「がん細胞を知ろう」 »
« 幼児のトイレトレーニングもハイテクで