がんを生きる:/37 記者の目・根本毅 「患者には時間ない」 /大阪

がんを生きる:/37 記者の目・根本毅 「患者には時間ない」 /大阪

- 104地域格差、治療費、および多くの問題naoを合計する時間
人の父方の祖母は、28年前に癌で死にました。 中学学校の一年の夏休みでした。 私は、すぐに車で父親の両親の家族に向かったと思います。 速度は、プロフィールから、浸して、いつも静かにハンドルをつかむ父親について不安です。明確に、覚えが行った、そして、怖いことで、感じられて、不安です。 それ、1番目でなじみ深いのは、私のための死と癌でした。
それは一度か、より多くの1カ月、家族でchiniおばあちゃんにプレーしに行きました。 しかしながら、入院した後に、妹と私のために訪問だけでそれを一度導入するのは、可能ではありませんでした。 両親は、病気に対する戦いにおける外観がそれを示すべきでないと判断したかもしれません。 それは、緩和剤の注意とホスピスがまだ知られていなかった時代でした。
その時思い出すのが、男性を覆うことである、(57歳、その時)、ホスピスで癌にかかる。 すい臓癌が再発するそして他のもの転移しました。 理由が苦痛な抗ガン剤処理を止めながら決めたとき、男性の父親の死は、話に達しました、そして、ホスピスのそばで費やすのは聞かれました。
神父は、3月に肺癌で死にました、95年。およそ一度見舞いに行きましたが、病院で1カ月おしめをするとき、できるのは、考えです、そして、ボディーは長い間、声を出して震動させられます。「やれやれ、1時間か2つの訪問で見るために生まれなかったということでなかった外観はそうです」

男性は「どんな意味が延命治療であなたですか?」とそれを言って、自らに終わりの期間の癌への当然のshitaに尋ねる答えです。 「父親が思い出されているとき、必ず、受ける外観は浮きます。 左の人にとって、その外観は苦痛です。 私は、苦しむように外観を家族に示したくはありません。 」。そのように考えて、ホスピスに行ったと決められたと言われています。
-    -

祖母が死んだとき、癌は81における死因の1位になります、そして、死亡数はその後増加し続けます。 それは、3人という1人が現在癌で死ぬ時代です。
10月に始まった毎日新聞大阪バージョンの癌のシリーズ、’05はタイトルを変えて、今回を合計するカウント104回である間、続きます’。 「在宅ホスピス日誌」、「ホスピスのサイト」、「癌へのパリアティブ・ケアとホスピス正反対」、および「癌に生きてください。」 「私は、’06 6月に作者のひとりに加わりました、そして、今回は42番目の何倍もなった’、」 話は多くの癌患者と家族から聞かれました、そして、それは大いに学びました。 私が覆っている間癌にかかったと思われました。
癌が囲まれた状況祖母の年令から急転しました。 治療法は向上します、そして、また、痛みを抑えるパリアティブ・ケアは、広がりました。 がん対策の基本法則は07で励行されました、そして、がん対策販促計画の決定は管理部門のように義務付けられました。
しかしながら、多くの問題が残っています。 医療の地域格差に関して、それは埋まっていません、そして、治療費についても高さには多くの苦しむ者がいます。 悪性リンパ腫の通知を受け取ります、そして、松原は良いです。**癌が一生懸命研究された酒井市の(66)はそれを指摘します。
「標準的に用いる治療法はほとんど確立した女性の部下の胃癌と肺癌と大腸癌と乳癌などにかかっていますが、低比率に従った癌は残されています。Itが、早く違いを失うのに必要です。 癌患者は時間がありません。 」

それは、癌に生きる人々の声を聞いて、将来、スペースでそれを言いたがっています。 さん/さん 松原のエネルギッシュな声は久しぶりに聞かれました、そして、願望は更新されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


幼児のトイレトレーニングもハイテクで »
« 乳がん検診率向上訴え 湖南でピンクリボン・フェスタ