乳がん検診率向上訴え 湖南でピンクリボン・フェスタ

乳がん検診率向上訴え 湖南でピンクリボン・フェスタ

乳癌診察を求めた「湖南の都市2009のピンクのリボンフェスティバル」(後援と中日新聞社がバックアップをとる経営委員会)は、28日の湖西の都市の文化会館でした。
全国平均(20%)の下に落下した都市の乳癌診察速度向上が試みられたとしても、それは開かれました、そして、170人は女性の周りで参加しました。
ディレクター=が乳腺のために「どのようにいい手の芸術をしたとしても、早期発見に適していません」と言って、実行議長として勤めた生田病院(同じ都市)の診察の有効性を強調した誠Terada外科=**。 Eiko金子、乳癌における手術が受けられた都市で。経験発表をする、2001、「私のミルクは自分で防御されます」、回収された。

2歳から472ポイントを得る、実行委員会が母親と家族と共にテーマとして中学生に募集した子供は、ホールに示されました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/37 記者の目・根本毅 「患者には時間ない」 /大阪 »
« 患者も参加、がん医療シンポジウム