患者も参加、がん医療シンポジウム

患者も参加、がん医療シンポジウム

シンポジウムが、通常、容易にそれを聞かなかった医師の真意が多くの患者で参加したと聞きながら我慢強いセンターで癌の医療の望ましい方法を捜し求めると言って、行われました。
テーマとして泌尿器の癌で患者から専門家までの問題を設けてあった後に、多くのメッセージが今回、このように東京「癌のネットの日本」のNPOが開いたものによって専門家から患者まで投げられました。
「癌の病気では、主治医を選んで欲しいことなど」の「通院患者に来るとき、欠乏の注意が医師に尋ねる撮影にあなたが欲しかった」、「最もよく’教師に任せてください’という患者のための方法が医師によって見つけられない、容易にいなくなる処理」、およびさらに、真意「考え、医師と患者が少なくとも5年の10年より長い間交際した、故意に、」 具体的に発表されました。
「人が患者と医療人で言うと言って、コミュニケーションを深めるそのような助けになるなら、このシンポジウム大成功します。 将来、続きたいと思います。 」(筑波大学の**泌尿器科Akaza英之)

それはそうでした。サイトから絶え間なく癌のネットの日本でも通常のそのようなシンポジウムを実行することによって癌の医療を変える機会に行きたがっていたのは、話されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がん検診率向上訴え 湖南でピンクリボン・フェスタ »
« 肝がん治療に樹状細胞療法 愛媛大が臨床試験