肝がん治療に樹状細胞療法 愛媛大が臨床試験

肝がん治療に樹状細胞療法 愛媛大が臨床試験

最近、愛媛大学大学院薬のシステム研究科の(39)のAbe優雅規則准教授グループ=消化器内科=は、肝臓癌が免疫細胞の種類であった「樹状細胞」を使用することによって治療された免疫治療の臨床試験を始めました。 癌細胞の抗原を連れて行って、准教授Abeに従って樹状細胞の上でリンパ球を容易に攻撃目標にする癌の徴候として抗原を提示する働きがあります。 樹状細胞処理はこのキャラクタを使用します。 癌の抗原は体外に培養される樹状細胞と結合します、そして、それはボディーの内部、および癌細胞だけに戻ります。リンパ球攻撃されます。 止まる芸術と肝臓動脈fusaの芸術などの標準的に用いる治療法がある、(基づく、)、操作、エタノール注射処理、およびラジオでは、肝臓癌のための焼灼(焼灼します)(科学的根拠とベストの治療法がある現状である)を振ってください。 しかしながら、肝臓癌のぶり返しのように補っている処理として容易に樹状細胞処理を注意に表す、そして、それが難しいので、近年標準的に用いる治療法で終了するぶり返し癌の抑圧。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


患者も参加、がん医療シンポジウム »
« がん克服の元球児・牧野、判定で初戦敗退