がん:「ピアカウンセリング」スタート 運営資金乏しく、活動継続に課題 /茨城

がん:「ピアカウンセリング」スタート 運営資金乏しく、活動継続に課題 /茨城

- 行政支援の増進は重要です。 「仲間にとって、それは不安な共有とどんな薬よりもさらに効果的です。」 ”
病気に対する癌の戦いが始められた人とアプローチになった、「」 それが、癌患者の不安と心配が今年県の病院で始動したのを聞いたPiakaunseringu。 また、管理ボディーの首都は不十分であり、それは活動の連続人材育成などのように中であり、piakaunseringuは、それが癌患者のものの面倒をみることができるように、全国的な拡大を示していますが、多くの問題が気にされます。 専門家は管理によるサポート増進の重要性を指摘します。
日立日立総合病院(日立市)と筑波のMedicalセンター(筑波都市)に、県の委託品を受けるNPO法人「筑波協会のピンクのリボン」は、今年の1月の以来1週間の一度piakaunseringuを設立したことがあります。 「癌で処理に打ち勝つ外観が、人を経験して、社会に戻ったのを確実にして、不安と仲間を共有するのは、どんな薬よりもさらに効果的です。」と、このミーティングのJunko八木(52)議長は7年前に乳癌に苦しむ経験から説明します。 県のトレーニングコースを受けるこのミーティングのすべての約10人のカウンセラーは病気経験豊富な人々に対する癌の戦いです。
他方では、活動財政赤字はこのミーティングという問題です。 本年度の70万円に関する事業費はカウンセラーの輸送と少しの日当だけによる県からの補助金ですが、それは見えなくなります。 それは、八木さんの周りでそれを開かないという現在の状況の下のコンサルタントのコースと新しいトレーニングコースです。 「また、仕事を休んでいる人がいます。 品質と士気の維持は重要です。 」補助した後に、積もるのは要求されます。
5億7695万円が前年でしたが、まとめられて、ビジネスががん対策、およびそれのように定まっていたpiakaunseringuの補っている量は二度かさらに県の今年度予算による前年と比べて増加しました。 Ogina副のお金は、*東京、*愛媛県の180万円、および本年度の*秋田県の120万円を500万円深く感受するこのミーティングに従って他の自治体でまとめながら、言います。
癌患者の心を好きであるのに関する東海大学(精神医学)の通じているTakashi Hosakaと教授は、piakaunseringu対県のがん対策の全体の予算の比率が低いと指摘します。 それが上告されるのが「癌の処理レベル(違いの修正)の等ポイントを指摘するのが心のケアにも必要です」。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


癌の匂いを嗅ぎ分ける子犬、誕生?(北アイルランド) »
« 医療相談室