医療相談室

医療相談室

食道ガンを作動させた後にぶり返しの疑問
食道ガンを取り除いた後に、ぶり返しの疑問がありました、そして、放射と抗ガン剤処理を受けました。 足はよろめくようになります、そして、疲れるようになるのが、簡単であり、抗ガン剤はもう、止まっています。 連続は医師によって忠告されます、そして、それは心配です。 (76歳の男性)

抗ガン剤での処理と一緒に放射使用
操作で取り除かれた食道ガンが、再発するとき、どんな定まっている治療法もありません。
日本の食道学協会(2007年4月のバージョン)の「食道癌(癌)診断と治療ガイドライン」に従って癌が首のリンパ節に再発するとき、操作で癌を取り除くのは、有効です。
しかしながら、一緒に単独で行って、両方を使用することの選択があります。それであるときに、抗ガン剤処理は、操作するのにおいて可能でなくて、放射線治療です。, また。
私は、可能であり、どの部分で質問者のためのぶり返しの疑問があるのが理解されないか、しかし、主治医がそれを推薦するとき、放射と共に抗ガン剤を使用する処理を続けるのが十分であると思います。
しかしながら、疲れるようになる抗ガン剤の量を減少させてそれが簡単であるかどうかを他の抗ガン剤に変える方法があります、そして、人の足のよろめきはひどいです。 そうすることによって副作用を減少させて、扱い続けることができるのが簡単になるかもしれません。
状況ですが、最初に家族と担当している医師に相談するなら簡単でないそれが人への人の問題にどう重荷をおろさせるかを理解できます–事情へのAccording、私はまた、別の医師の意見を聞く「セカンド・オピニオン」を使用するのも良いと思います。
そこでは、現在の処理が受け入れられないなら、また、選択が「抗ガン剤が扱われません」ですか?
処理が医師として真剣であることを理解できます。 治療方針が将来最終的に決めるのは、質問者自身です。 説得力がある治療法を選ぶのは、重要です。
恭之の芳野国立がんセンターの東病院の腸の内科(千葉県のオーク都市)

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん:「ピアカウンセリング」スタート 運営資金乏しく、活動継続に課題 /茨城 »
« アスベスト:石綿で喉頭、卵巣がん WHO機関認定、救済基準見直しも