アスベスト:石綿で喉頭、卵巣がん WHO機関認定、救済基準見直しも

アスベスト:石綿で喉頭、卵巣がん WHO機関認定、救済基準見直しも

世界保健機関(WHO)に属した国際がん研究機関(IARC)は、発癌物質のミーティングが開かれて、アスベスト(アスベスト)の喉頭(したがって、光)癌と卵巣癌は展開させられたと認めました。 肺癌と中皮腫だけ: 労災補償と救援のための職業病リストの現在のところの国の目標癌としてのイラスト。 IARCは認めました、そして、認識の標準のなどの試験は政府に促されるように思えます。
問題は、イギリスの腫瘍(腫瘍)研究雑誌「ランセット腫瘍学」電子版の5月にそれを言いました。 ミーティングは、それが3月にあったと認めました、そして、両方の発癌性がありました。shiに従ったアスベストの癌。 これまで、肺癌と中皮腫だけが、発癌性を認めました。
それが結論づけられて、そのIARCがなったということであることをできた、1.6、2・5、人の喉頭癌のリスクでだれかを洗わなかった人が、高密度のアスベストを浴びた時。 そのうえ、列挙するとき、卵巣癌の危険が上ると思われて、高密度のアスベストは第二次世界大戦でアスベストを原料にするガスマスクを製造しているイギリスの女性のグループの疫学研究などの例として浴びられます。
アスベストによることであるのなどときに、それがリンパ管を通して運ばれると言われて、血液は、卵巣で蓄積を指摘しました。
職業病リストでドイツのアスベスト、ベルギー、およびオーストリアなどで既に喉頭癌を列挙してあります。

日本の労災補償の規則でビジネスに頼るのはなります、そして、明確な病気は物になります。 外が、病気になるまで認識されるイラストは、実際にそれが難しいという承認の例、およびアスベストによる肺癌と中皮腫労働者の事故償以外の癌にかかっていません。 居住者のために工場の周りで意図するアスベスト健康被害の療法は、肺癌と中皮腫を除きながら保存されなかった規則です。
==============

- 説明

- それは労災補償認識への1石です。病気が国内でアスベストに関連したとき、これまで喉頭癌を指摘し続けていた専門家がいました。 そのうえ、関係が卵巣癌に関して示された論文がありました。 アスベスト癌の労災補償の認識のおよそ望ましい方法が進める将来、IARCを認識して、議論で関係の学術団体、厚生労働省、および患者団体がかかわると予想されます。
最初に思われるのは、要求が職業病で労働基準法実施規則を発表して、記載する患者団体の動きです。 リストにおける喉頭癌を列挙した国が以前からの外国にありました、そして、要求された姿勢は強化されました。
厚生労働省は研究委員会でなどについて議論します。 , そして、これまで職業病リストと認識規格について決めたこと。 すぐに卵巣癌リストを作るのが、喉頭癌であると思うのは、簡単ではありません。 しかしながら、2癌が労災補償認識が通知などで臨時措置としてある可能性を言うだけであるのは、有効です。 それが考えであるので、2癌は、しばしばそれぞれのLabor Standards Inspectionオフィスのドアにそらされて、慎重な調査を押しつけるでしょう。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


医療相談室 »
« 若者向けがん講座 きょうまで新宿で