白血病ウイルス感染者108万人 大都市圏で割合増

白血病ウイルス感染者108万人 大都市圏で割合増

感染者の地方の比率は母乳を通して母親と子供を感染させています、そして、元々厚生労働省がグループについて研究する調査のため高い九州に縮小すると、成人T細胞白血病ウイルス(HTLV1)は約20年ぶりに白血病などを引き起こす可能性で実行されました、そして、関東で増加した、中央の部分、および近畿の都市エリアは27番目を理解していました。
108万人とそれに関して、国内の数の感染者に見積もっています。 研究グループにはあった古い厚生省が1988年?に1990に年度を集めたという約120万の調査と比べた大きな変化が全くありませんでした。 全国的な対策はこれまで実施されていません、そして、子供を感染させることができないアプローチは差し迫った必要性になるように思えます。
感染者は指摘します、そして、人は多くの九州から来ています、そして、すなわち、動きはバックグラウンドにはそれがあると指摘します。都市エリア比率、訪問が対等にさせる研究グループのグループのリーダーのKazunari山口国立感染症研究所の増加。 それは話されました、そして、「抗体検査と授乳指導を妊娠している女性に実行した自治体は、部分的に制限されました、そして、感染者の合計はあまり減少しませんでした」。

HTLV1は白血病、ATLと呼ばれるタイプの歩行障害などが起こる脊髄障害(HAM)を引き起こします。 ATLの攻撃率は3–5%です。 どんな基本的な治療法もありません、そして、1年あたり約1000人は死にました。
この調査は2006–07で初めて約119万の全体の国の献血のために実行されました、そして、3787人の感染は確認されました。
感染者の地方の比率に関して、九州は最後の調査の50.9%から41.4%まで減少します。 他方では、17.3%(10.8%持続する)、8.2%(4.8%)の中央の部分と関東近畿の20.3%(17.0%)の両方が十二分に前回、増加しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肺がん検査法など紹介周南で公開講座に120人 »
« 損賠訴訟:がん手術で障害 国立病院機構と松山の女性が和解 /愛媛