損賠訴訟:がん手術で障害 国立病院機構と松山の女性が和解 /愛媛

損賠訴訟:がん手術で障害 国立病院機構と松山の女性が和解 /愛媛

独立行政法人国立病院メカニズムと医師ですが、だれかが、四国がんセンター(松山市の南のUmemoto町)で手術を80代に受けたのと同じ都市で女性で問題が不適当な処理で残っていたと仮定します; 管理する、合計で06のうちの約4600万円の損害賠償のために松山地方裁判所の好みに合ったので、同じセンターを取って、26日にこの地方裁判所(goushi山本司会は判断する)で和解を承認しました;
ディフェンスは和解金を原告に支払うでしょうが、原告ディフェンスは、金額が公表されないのを可能にします。
肺癌における操作が受けられた11月であったとき、’05 同じセンターでは、陳情に従って、止血するための「サージセル」は女性に使用されました’。 その後下半身であるときに、まひは上告されました、そして、他の病院で医師に相談しました、と女性は言います。彼女が診断されて、女性に関して、24時間介助の、そして、残っている残っていたサージセルが、凝った状態に入るときの問題、および彼女がそうしたのがほとんど必要であったのを彼女の脊椎(脊椎)を押しました。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病ウイルス感染者108万人 大都市圏で割合増 »
« 子宮がん・乳がん:検診受診率向上へ 鳥取市、手帳と無料クーポン /鳥取